黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

ホルモンバランスでアンチエイジング

2015/06/20 11:52

中年になってくると、アンチエイジングの言葉に、ビビビっとくるようになる。

これまた、雑誌に一面に出ていました。

ホルモンバランス1

ここには、美人とか美容とかアンチエイジングなど、言葉だけでも興味を惹かれる。なになに、、、

要するに、ホルモンバランスを整えること大切ってことですよね?!




数年前に、ホルモンバランスを崩し倒れた私。

その時の、処方が化学的なホルモン剤を使うか、効くかどうか分からない漢方薬を使うかの選択をせまられた。

その時の医者は副作用の事もちゃんと説明してくれた。。。私が選んだのは、漢方薬。

2~3日後に、あるきっかけで、環境ホルモンの話を聞くことになった。

聞いて驚いた。言葉は知っていましたが、そんなに恐ろしい物とは想像つきませんでした。

内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)は、体の中のホルモンと似た構造で、外から入って身体の中で増えたように撹乱する。

当然、バランスが崩れたと身体は思い、色々な弊害を出してくる。

病院でも、検査でホルモンのバランスが崩れたと数値が出る。
病院はこれに対する対処療法を行う。
それは、バランスを整えるため数値の低い方のホルモン剤(化学的)を投与すること。・・・ホルモン過多→副作用

では、環境ホルモンは一体なに?
それは、色々な物に含まれている。

農薬・殺虫剤・除草剤・防虫剤・合成洗剤・界面活性剤・酸化防止剤・化粧品・シャンプー・リンスなどの日用品etc

聞いた時は驚きましたが、その時自分なりに考えました。

体内に入ってきて異常をきたしているなら、もう入れないでおこう。
体内の物は、追い出そう。
そうすれば、きっと改善になる。

即、実行です。

それまで8ヶ月間苦しんできた体の異常が、3日後より改善され、1週間後にはとても元気になりました。

とても不思議な出来事でした。

そうそう、薬は改善に向かった瞬間に、いらないって捨てました。
どうせ、効くか効かんかわからん漢方薬だし。。。


医者も知らないホルモンバランス






他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

毎日使っている物が。。。

2015/05/18 21:00

タイムラインから、こんな情報が流れてきました。

みなさんにお知らせします。っとありました。
そして、写真が3つ。

1431831631439.jpg1431831641822.jpg

1431831620450.jpg

私なりに解釈しました。

危険度チェックブックという本によると、
界面活性剤発泡剤として使われている
ラウリル硫酸ナトリウム(トリエタノールアミン)は、
発がん性が高く、目や皮膚に悪影響を及ぼす。

それが、歯磨きに入っていますよ。

っと言うことであろう。

hamigaki.jpg


もう少し、説明がほしかったですね~。

私も調べてみました。

確かに有害な成分のようです。
しかし、食べるものではないので、いいんじゃーないの?

ところが、口の中は粘膜吸収が多く行われる場所。
特に舌下
重病患者には舌下に薬剤を置く方が早い処置になるっと言う事もあるくらいだ。

つまり、このような有害な成分を毎日毎日私たちは口の中に入れ、毎日毎日、それを吐き出して川に流す。

人間も川の生き物も、まともではいられなくなることは、容易に想像がつく。

日本人で眼の悪い人はどのくらいいるだろう。
私の友人の半分強はコンタクトをしている。

がんは、今や2人に1人は発症すると言われている。

国やメーカーは、私たちを守ってくれません。

正しい情報を手に入れて、健康的に過ごしたいものです。



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕


カスタムCSS