黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

障害者用パーキングエリアに、、、

2015/06/30 13:00

ブラジルで撮影された映像。障がい者用の駐車スペースに車を止めたドライバー、車を離れている間にとんでもない制裁が加えられてしまいました!

付箋ペタペタ




by YouTube


日本でもあります。

電車の優先座席に堂々と座っている若者。

その人たちが意識を少し変えてくれたらっと思います。











他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー


[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

アーチになった虹

2015/06/29 13:00

のイメージは、こんな感じです。

虹イラスト

アーチ型で、向こうとこちらを橋渡しする感じですよね、こんなん見たことないけど。。。


2日程前、小雨の降る夕方運転中に、ふと斜め前見ると

あら~、こんな薄暗くなってからの虹か~。

え?!これ凄いかも

虹627一

虹627二

くっきり、アーチ型で下の方まで見えました。

今まで見た虹は、90°前後の円の弧ぐらいしかありませんでしたが、今回は端から端まで絵に描いたような綺麗な虹でした。

何か、ラッキーなことが起こるのかな~。ワクワク



一口メモ
【虹の出来方】
虹は太陽の光を雨粒が反射して出来る。
したがって、太陽が出ている反対側に雨が降っていることが条件。

虹の出る場所は、太陽と自分を結ぶ直線の延長線から、仰角42度の所に現れる。

このため、太陽が高いところにあるときは、虹は低くて小さい。
逆に太陽が低い位置にあると、虹は高くて大きい。

虹の出来るメカニズムは、雨粒の一粒一粒がそれぞれプリズムの役割をして太陽光を七色に分ける。
ところが、眺める角度によって、青色が見える部分と赤色が見える部分などに分かれ、それぞれ光の帯になる。
これが、虹である。                               
                                             by気象ひとくちメモ








他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

最後の家出その2

2015/06/28 13:00

私の父方の祖母は筋金入りの意地悪ばあさんです。

おじ悪ばあさん

二言目には、はよいね!(すぐに実家に戻れの意味)っと母に言っていた。

こんな感じ。↓そっくり
鬼婆


嫁以外の家族には良い食事、母だけは見た目一緒でも美味しくないものを食べさす。

母が植えた野菜の苗を、抜いて回る。

財産目当てに来た、ろくでもない嫁、と近所にふれまわる。

その当時まだ健在だった私の曽祖父母を離れに追い出す。等の数々の悪行をこなして来た。

ちなみに財産を食いつぶしていったのはこの祖母本人ですが。。。


まあ、お嬢様育ちの母には立ち向かうことも出来ず、その場から逃げるしかなかったのでしょう。

もう、この家には戻らないと決意し、駅へ向かった。

ところが、長女(当時9歳)が母の異変に気付き、泣きながら走って追いかけてきた。

お母ちゃん行かないで~
行かないで母

我子の涙に、戻ることになった。

それから、母は60過ぎまで、明治生まれの祖母にいびられ続け、最後はボケた祖母を献身的に介護し、おくった。

もちろん、詫びの言葉も感謝の言葉も祖母は母にかけなかった。

今、母は84歳。人口透析を週2回受けながら、よれよれの身体を鞭打って生きている。

結婚してからというもの、1度たりとも自分を守ってくれなかった夫の世話をし続けている。

彼女はこの80年、幸せだった事があるのだろうか?

今少々ボケながら口に出すのは、

「あの時、○○子が私を止めたからこんな人生になった」っとぼやく。

いえいえ、決めたのは母本人ですわ。







他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

最後の家出

2015/06/27 13:00

母は、20歳の時に親の決めた相手見合いを1度だけして、その後結婚をした。

昔結婚

昔はよくあることだ。

見合い


見合いの時は下を向いていて、ほとんど相手の顔を見ず、結婚当日にやっと顔を見た。


そして、またよくあることに、姑からいびりにひたすら合う毎日を送ることになる。

それどころか、夫からDVにまで合ってしまう。

私は、母が結婚後10年してから、生まれた。

その間に4人の娘がいた。
そうです、私は五女。(3番目は病気で亡くなり、実質私は四女)

母は、その10年の間、辛くて何度も家出をして、実家に戻ったらしい。

その度に、この結婚をさせた祖父は母にいつもこう言ったと聞いています。

雨の日ばかりは続かない。必ず雨はやみ、お陽さんが出でくるから
(つまり、辛抱せい!っと言うことですわ)

そう言って、お金やら野菜やらを持たせて嫁入り先に戻したそうです。



そして、とうとう限界がきます。

我慢できない

私が生まれて首が座り、やっとチョコンとお座りができる頃、母はもう戻らない決心をしました。

私を座らせ、前には絵本を置いたそうです。「これを読んどきなぁ~」(読めませんから。。。)
それから、荷物を背負って5キロ先の駅まで、後ろを振り返ることなく、スタスタと、、、

タッタと


                                                        続く~






他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー



[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

よう、だまされる母その2

2015/06/26 13:00

私の母が50代になった頃、相変わらず騙しの手口で、お金を取られ続けていました。

ある夏の日、私が夏休みで帰省していた時のこと。

玄関に若い女性がきて、奥さんいらっしゃいませんか?っと来た。

私はとっさに、お母さんは出んでいい。私が出る。っといって玄関へ。

出て見ると、奥さんは?と聞くので、いないから私が聞く。っと言うと、

少し悲しそうな趣きで話し始めた。

私は大阪の大学に通っていますが、お金がなくて通えなくなりそうです。

どうか、この#$$%を半額にしますので買ってほしいとの事でした。

でたで~

そこで私は聞いてみた。どこの大学? #$)(%です。そんなんあったけ?

私も大阪の大学に通っている学生だけど、お金ないからバイトしてるよ。

lgi01a201402011600.jpg  lgi01e201402011600.jpg





あんたも、お金使って、わざわざこんな所に来て、変な物を押し売りせんと、大阪でバイトすれば!

もう用ないから帰って!っと追い返しました。

するとすぐに車の音がしました。

どうやら、車で待機していた者がいたようで、きっと別の村に行ったのでしょう。

その時、大学生だった私は、なんだか嫌な気持ちになりました。
どうしてこんなことをして田舎の人たちを騙すんだろう。

まっとうに仕事して、生きることは出来ないんかいな、あの者たち




現代は、騙される方が不用心だと言われる時代。

形を変えて騙し騙されが続いて行きます。

そんなことに縁のない暮らしをしたいのですが、人間である以上仕方のない事なのかも知れません。







他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

よう、だまされる母(^_^;)

2015/06/25 13:00

私の母は、昭和1桁生まれ。

今は、よれよれのおばあちゃんです。

baachann.png


彼女が30代40代のころ、よく、だまされていました。(@_@;)

田舎に住んでいた彼女は人を疑う事を知らないのでした。しかも、かわいそうな話になると、無条件に同情してしまう。



私が高校生のころ、帰宅すると、母は悔しそうに、またやられた!っと着物を眺めていました。

kuyasii.jpg

聞いてみると、関西から来たある男性が、生活に困ってこの着物を売って回っていると。

その着物の原価は100万ほど。でもお金に困っているから10万円でいいから、買ってほしいとのことだった。

母は、旧家の出。良い着物には目がない。

着物は、100万円200万円なんて当たり前。

それが10万円ならものすごくお買い得。
そんな値段で、人を助けられるならラッキーだと、すぐに物も見ずにお金を出した。

お金を受け取って、その人が帰ってから、すぐに荷を開けると、母はがっくり。その着物は4~5千円の超安物。

やられた!っと思い追いかけたけど姿がなかったそうです。

聞いて大笑いしました。

そんなお金があるなら、小遣いちょうだいっていいました。

私の感覚ですが、昔の詐欺は、なんと単純な。



現代は、とても巧妙です。気をつけていてもだまされることがあります。

なんだか、嫌な世の中になってきていますね?!

年金情報漏洩事件はどうなるのでしょうか?

私の母も年金暮らしです。とても心配です。。。








他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー







[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

にんにくの味噌漬け

2015/06/24 17:12

近所の方から、ニンニクを頂きました。

にんにく味噌浸け1

こんなにたくさん、1人では食べきれないので、味噌漬けにすることにしました。

先ず、皮を剥いて2日間冷蔵庫にて塩漬けします。

にんにく味噌浸け2

2日後、ニンニクを取り出して、塩を拭きとり、これまた頂いた手作りみそに漬けます。

(小さめのタッパーを使いました。)

にんにく味噌浸け3

にんにく味噌浸け4

最後に、トントンと入れ物をテーブルに叩いて、空気を抜いて、あとは冷蔵庫へ。

2か月後、ちょうど夏バテをしている頃に出来上がります。

この夏、私の見方になってくれそうです






他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

トムヤム君?

2015/06/23 13:00

トムヤム君って、男の子の名前みたいだけど、違います!
トムヤムクンタイ料理

雑誌に載っていたものを、またまた検証してみます。

トムヤムクン

さっそく、準備。トムヤムクンヌードルパクチーがないのでイタリアンパセリ、レモンもアメリカ産しかなかったのでポッカレモンにしました。

トムヤムクン2

(参)パクチーって香菜ことらしいです。なかなか、そこらへんのスーパーでは見当たりません。

この、ヌードルはタイ日清の開発のものらしいですね~。へー、本場の味に近いのかな。。。

では、お湯を入れて作ってみました。

食べる直前に、イタリアンパセリを入れて、レモンを振りかけました。

トムヤムクン3

イタリアンパセリの香りが、良い感じ。。。
トムヤムクン4

味は、なかなか美味しいです。レモンの酸味も加わって、夏にぴったりって感じです。

なんか、バドワイザーが飲みたくなりました~







他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

おいしい卵は、

2015/06/22 13:00

スーパーで、ちょっとお高い卵を買ってきた。

真卵です。昔ながらの安全な卵のようなので、買い物がごへ。


子どもの頃、実家でニワトリを十数羽飼っていて、朝たまごを取ってくるのが私の役目でした。

その頃の記憶でいくと、このたまごは、

またまご

にザラザラ感があって、カルシウムをよく食べたニワトリさんの卵だと、すぐに分かりました。


◆余談ですが、白い卵を産む鶏に、カニの殻を食べさせると、ほんのりピンク色の卵を産み、割るとかなり紅色っぽい黄身が出てきますよ~。しかも、おいしい~


とにかく、おいしい卵をゲットしたら、やっぱり先ずは卵かけご飯ですよね!

子どもの頃は、白ご飯に産みたて卵と醤油で、よく食べました。

今回は、少しバージョンUPしてみました。

あつあつご飯に、真卵とかつおぶしとねぎをのせ、醤油で味付けをしてみました。

卵かけご飯

ちょと、多めのご飯でしたが、ぺろりとたいらげました~。

あー、美味しかった。ごちそうさま






他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

きのうは、菖蒲の節句

2015/06/21 12:00

昨日ちまきを頂きました。

丁寧に、クマザサで巻いてありました。

ちまき1

聞いてみると、昨日は菖蒲の節句端午の節句との事。

え?! あ~、旧暦ですねー。


◆旧暦とは、、、

現行の新暦は、グレゴリオ暦で、世界に広がった。

ところが、東アジアでは、それまで中国歴またはそれをもとにしたものが使われていた(太陰太陽暦)、とのこと。

これが、日本では天保暦です。

天保暦は明治5年12月2日(1872年12月31日)まで使われていた。その翌日の12月3日をもって明治6年(1873年)1月1日に改められ、グレゴリオ暦(太陽暦)に改暦された。  by Wikipedia

この時点でもう一か月ずれていたのですね~。

私の感覚ですが、旧暦の方が季節感が良く出てるような気がします。

例えば、七夕です。毎年梅雨の最中で、おりひめさんは一人ぼっちです。
ところが、旧暦だと8月が七夕になるので、おり姫さん彦星に会えて幸せになれます。とか、、、

立春なんて、一番寒い時期ってなんか変? 3月なら納得。とか、、、


ま~とにかく、頂いたちまきを食べることにしました。

お湯に5分ほど浸けて、食べると良いらしいですが、私はそのままオーブンで3分ほど焼きました。

外側のをむくと、

ちまき2

ちまき3

いただきま~すぅ

ほんのり甘みがあって、とっても美味しいです






他の記事は、こちらでも見えまーす。
イエローリーフバナー
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕


カスタムCSS