黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

ピーターパンの日

2015/12/27 22:15

今日は、ピーターパンの日だそうです。

1904年に、イギリスの劇作家ジェームス・バリーの童話劇「ピーターパン」がロンドンで初めて上演された日。
日本で言えば明治37年のこと。100年以上前ですね。

私の逝った祖母が明治38年生まれでしたから、その前の年に、あれほどのファンタジーな童話が描かれていたなんて、
すごいな~っと思います。

1ピーターパン

ところが、ファンタジーだけではなさそうです。

どうやら怖い話がくっ付いていたようです。

ネバーランドにはなぜ子どもしかいないのか???

『ピーターパンといえば、大人になりたくない子供たちがいつまでも子供でいられるネバーランドで大冒険をするというのがあらすじのはずですが、そもそも子供しかいないネバーランドには、残酷な理由があったのです。それがネバーランドにいると子供は成長しないのではなく、大人になるとなんとピーターパンが大人を殺してしまうからだという話が残っています。崖から突き落したり、ワニに食べさせたり、殺し方も様々と言うのだから、末恐ろしいです。』by Ranking Share

などなど、、、ピーターパン2

ヨーロッパの童話って、原作は結構怖い物が多いですよね~

現代には教育上良くないと削除か変更されてしまったり。。。。


そう言えば、日本の話でもそうでした。

昔、猿蟹合戦は、最後はサルは子蟹に親の敵として殺されますし、カチカチ山のタヌキも最後は死にます。
けれど、現代では、お仕置きだけで、あとは仲良しと言うパた~ンです。
月に変わって


話を戻して、
登場人物のウェンディの住まいは、ロンドン郊外と設定されています。

都会の話なんですね~。
日本の童話はほとんど田舎の話なのに。。。








style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-4464380510626172"
data-ad-slot="8424358244">





[編集]

スポンサーサイト

関連記事

〔スポンサーサイト〕

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yellow-leaf.jp/tb.php/223-f4fd410e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


カスタムCSS